読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルカリのくせに

歌舞伎町ってほんとにあるんだ。

映画祭り

この一週間、お父さんが家に帰ってきていました。
一緒に映画を見たり、かき氷を食べに行ったり、楽しいお休みになりました。


でも少し天然ボケが進んでいました。
docomoショップの駐車場に車をとめた後、「なんでここ、TSUTAYAとちゃうんや?」と私に尋ねてきました。知らん。




映画といえば、前回「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」と、その旧作の「ミッション:インポッシブル2」を見たと書きましたが、その後友達と「バケモノの子」も見ました。

f:id:haginary:20150815195858j:image
多分泣くだろうなと思って構えて見たのですが、思ったよりも暗さのないまっすぐなストーリーだったので

だったのに、まさか3回も泣くとは思いませんでした。


「ちぐはぐな親子」ってベタな設定だけど好きです。
あえて言うなら、冷静コメンテーターこと百秋坊がいなかったら話が進展しなかったでしょうね。



あとは家で四作ほど。

f:id:haginary:20150815195625j:image
五人の元犯罪者のお話でした。
「セブン」にも出ていたケビン・スペイシーがやっぱり好きでした。(ちょっと小日向文世さんに似ている気がする。)
ストーリー的にあまり深くは語れないんですけど、いや見栄張ったな語れる語彙もないんですけど、最後の最後で「あー…あー!」という声を上げてしまうようなオチがあって、二度見返したくなるような映画でした。
伏線がばらまかれています。


二作目、「プレステージ」。
f:id:haginary:20150816025454j:image
Xメンvsバットマン
いや…↑は役者さんの話。

一言で言うなら、マジシャン同士の仁義なき戦い
互いに相手を超えるネタを生み出そうと昇りつめれば昇りつめるほど堕ちていくような、見ていて胸が苦しくなるようなお話でした。
ただ、この映画の見所はそれだけじゃないですね。ラストのトリックは必見です。


三作目、「サマーウォーズ」。
f:id:haginary:20150817005535j:image
大好きな細田監督作品です。
見るのは三度目くらいかな。
内容は割愛。理一さんのエロティシズム。


四作目、「バタフライエフェクト」。
f:id:haginary:20150817165152j:image
多分有名な作品。
タイトルの通り、カオス理論の「バタフライ効果」を題材にした映画です。
内容としては、好きな女性を救うべく、過去を何度も改変しようとするお話ですね。これは本当オススメです。もう四回ほど見ています。

実はラストシーンはいくつか候補があったそうなのですが、私は本編のラストが一番好き。

そういえば作中、「セブン」のシーンもありましたね。スパゲティ食べすぎるやつね。
ユージュアル・サスペクツといい、ケビン・スペイシー強化週間になったな。






総評:映画のレビューが苦手だと気づけてよかった。